ビズキクチコム
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ

休閑期のオーストラリア米生産地の様子


海外食料需給インフォメーション

 

-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

休閑期のオーストラリア米生産地の様子

What’s going on during out season at rice production areas in Australia?

 

12247171_1717553211808127_3767464472100169172_n.jpg 休閑期のオーストラリア米生産地の様子

南半球のオーストラリアでの米の栽培は、日本とは季節が逆で、例年10月頃から作付け、翌年4~5月頃に収穫します。
日本では秋の収穫を終えて農閑期というところもあることでしょう。

日本の農閑期の仕事にはいろいろありますが、オーストラリアの米生産地でもいろんな仕事があるそうです。

例えば、オーストラリアでは米は輪作作物のひとつなので、オーツ麦(えん麦)やカラスノエンドウなどの米以外の作物を栽培したりします(写真上、中)。

また、農業技術向上のために研修に参加する生産者も多いようです(写真下)。

(写真上)米農家の休閑期の輪作作物であるオーツ麦。
(写真中)稲の切り株に生育するカラスノエンドウ。同じく米の輪作作物で、数週間後に乾草として収穫予定。
(写真下)肥料の使用に関する現地研修の様子。

Leave a Response