貯蔵庫の中で輸送を待つなたね(カナダ) | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

貯蔵庫の中で輸送を待つなたね(カナダ)

農水省のロゴ

海外食料需給インフォメーション
(Global Food Supply & Demand Information)
-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

 

 

 

 

貯蔵庫の中で輸送を待つなたね(カナダ)
Canadian canola is waiting for deliveries in bin yards.

 

 

 

 

 

貯蔵庫の中で輸送を待つなたね(カナダ)

 

 

 

 

カナダ農務農産食品省(AAFC)によれば、同国の2017/18年度のなたね生産量は、19.7百万トンと前年度をわずかに上回り史上最高となる見込みです。

収穫されたなたねの品質は、概ね平年並みとのことです。

なたね農家のグッドさんからお話を伺いました。

「12月は暖かかったのですが、クリスマス以降は非常に寒い気候が約9日間続きました。

一番寒い夜は大晦日で、気温が氷点下38度まで下がりました。クリスマス前に小麦を約300トン輸送し、現在は、なたねの輸送を行っています。

なたねの輸送が終わって貯蔵庫が空になり次第、貯蔵庫に肥料を運び込む予定です。」

 

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

 

 

 

 

Leave a Response