小麦の播種作業が進展中(インド) | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

小麦の播種作業が進展中(インド)

農水省のロゴ

海外食料需給インフォメーション
(Global Food Supply & Demand Information)
-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

 

 

 

 

小麦の播種作業が進展中(インド)
Wheat sowing is proceeding in India.

 

 

 

 

 

インドの小麦の播種作業1-1.j

 

 

 

 

 

インドは、中国に次いで世界第2位の人口を擁し、米は世界第2位、小麦は世界第3位の生産国となっています。米は主に雨季、小麦は乾季に栽培されています。

2018/19年度の小麦の播種作業は、10月下旬から開始されました。

インド農業省によれば、11月24日時点の播種済面積は、平年同期を23.4%下回る1,107万ヘクタールとなっていますが、約4割近くの播種が終了しています。

本日の写真は、播種した15日後の11月4日、インド北部ヒマーチャル・プラデーシュ州で無事発芽した小麦畑です。

同地域では土壌水分が少ないと灌漑用水を活用して播種作業が行われます。

なお、インドの貯水情報報告によれば、11月23日時点のインド北部の貯水率は68%と十分で、過去10年平均並みとなっています。

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

Leave a Response