寿司向けのプレミアム短粒種(米国) | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

寿司向けのプレミアム短粒種(米国)

農水省のロゴ

海外食料需給インフォメーション
(Global Food Supply & Demand Information)
-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

 

 

 

寿司向けのプレミアム短粒種(米国)
Premium short grain sushi rice, US

 

 

 

 

オオアオサギ

 

 

 
米国カリフォルニア州では10月26日、寿司向けのプレミアム短粒種の収穫が終了した水田で、オオアオサギが休息をとっています。

このプレミアム短粒種とは、輸出用の「コシヒカリ」「あきたこまち」のことです。

以前は日本の品種の栽培は難しいとされ、日本以外での栽培はごく限られたものでした。

しかし、品種の開発・改良、栽培方法の研究などの生産者の努力で、今ではおなじみの銘柄が米国で生産されています。

 米国農務省によると、2017/18年度の米国の短粒種の生産量の全生産量に占める割合は1.6%。  
 
 そのほとんどがカリフォルニア州で栽培されています。 

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

Leave a Response