2017/18年度のなたね生産は史上最高を記録する見込み(カナダ) | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

2017/18年度のなたね生産は史上最高を記録する見込み(カナダ)

農水省のロゴ

海外食料需給インフォメーション
(Global Food Supply & Demand Information)
-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

 

 

 

2017/18年度のなたね生産は史上最高を記録する見込み(カナダ)
Canola production of Canada for 2017/18 is estimated at a record high.

 

 

 

カナダのなたね

 

 

カナダ農務農産食品省(AAFC)によれば、同国の2017/18年度のなたね生産量は、19.7百万トンと前年度をわずかに上回る見込みです。

これは、播種面積は史上最高を記録したものの、平均単収が2.13トン/ヘクタールと、前年度(2.41トン/ヘクタール)を下回ったためです。

収穫されたなたねの品質は、概ね平年並みとなりそうです。

なたね生産農家のグッドさんからお話を伺いました。

「なたねの一部は10月に販売しました。残りのなたねは、小麦の販売と並行して今後数ヶ月かけて販売することになります。

来年用の肥料は全て購入し、その3分の1は来年なたねを栽培する圃場にすでに散布しました。来年のためのなたねの種子や除草剤も購入済みです。」

 

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

 

 

Leave a Response