とうもろこしの収穫作業はゆっくりと進展中(米国) | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

とうもろこしの収穫作業はゆっくりと進展中(米国)

農水省のロゴ

海外食料需給インフォメーション
(Global Food Supply & Demand Information)
-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

 

 

 

とうもろこしの収穫作業はゆっくりと進展中(米国)
Corn harvest progresses slowly in the United States.

 

 

 

 

 

米国のとうもろこしの収穫1-1

 

米国のとうもろこしの収穫1-2

 

米国のとうもろこしの収穫1-3

 

 

 

秋も深まり、米国各地ではとうもろこしの収穫が最盛期を迎えています。

今年は、播種期に主産地の中西部で低温多雨型の天候となり、また、6,7月には高温乾燥型の天候となったことから、単収の低下が予想されていました。

しかし、米国農務省(USDA)の穀物等需給報告(WASDE)によれば、2017/18年度の米国産とうもろこしの単収は10.78トン/ヘクタール、生産量は362.7百万トンと、単収、生産量ともに史上2番目を記録する見込みとなり、5年連続の豊作となりました。

3枚の写真は、アイオワ州のとうもろこしの収穫作業の様子です。

USDA「Crop Progress」によれば、11月5日現在、米国全体のとうもろこしの収穫進捗率は70%と、前年同期を14ポイント、過去5年平均を13ポイント下回っています。

これは、市場価格の低迷を受け、多くの農家が作物の乾燥コストを最少化するため、機械による乾燥を避け圃場で自然乾燥しているためです。

 

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

Leave a Response