冬小麦の播種は遅れ気味(米国) | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

冬小麦の播種は遅れ気味(米国)

農水省のロゴ

海外食料需給インフォメーション
(Global Food Supply & Demand Information)
-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

 

 

冬小麦の播種は遅れ気味(米国)
Winter wheat sowings have slowed in the US.

 

 

 

 

 

冬小麦の播種 米国

 

 

 

本日の写真は、9月下旬の米国北東部ミシガン州での冬小麦の播種作業の様子です。

米国の冬小麦は、例年、9月半ば~11月初旬に播種され、翌年6~7月頃に収穫されています。

2017年の播種作業は、9月上旬から開始されていますが、主産地の一部で、乾燥や低温のため作業や発芽が遅れています。

米国農務省の生育進捗報告によれば、10月22日時点の播種進捗率は75%と、前年同期(78%)や過去5年平均(80%)を下回っています。

また、発芽進捗率も52%と、前年同期(58%)や過去5年平均(57%)を下回っています。

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

Leave a Response