とうもろこし畑の鹿とアライグマ(米国コロラド州) | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

とうもろこし畑の鹿とアライグマ(米国コロラド州)

農水省のロゴ

 

海外食料需給インフォメーション
(Global Food Supply & Demand Information)
-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

 

 

 

 

 

とうもろこし畑の鹿とアライグマ(米国コロラド州)
Deer and Raccoons in corn field at Colorado USA.

 

 

 

 

コロラド州のトウモロコシ畑

 

 

写真は、コロラド州のライアン・カノデ氏のとうもろこし畑です。

今朝、カノデ氏が12フィート(3.6m)の背丈のとうもろこし畑の中を散歩したとき、彼以外の何かの気配を感じたそうです・・・。

鹿は、とうもろこしの芽を食べたり踏みつけたりします。

とうもろこしは、生長点が損なわれない限りは生長し、成長段階V5(葉の数が5枚)まで生長します。

V6(葉の数が6枚)から出穂期の前まで、鹿はとうもろこしの葉を食べます。

この時期の鹿による被害は、穂の下の茎を食いちぎることです。

アライグマは、とうもろこしの茎をよじ登って実を食べてしまいます。

アライグマによる被害は、生殖生長期から収穫期まで続きます。

 

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

 

 

 

Leave a Response