開花期を迎えたなたね畑(ウクライナ) | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

開花期を迎えたなたね畑(ウクライナ)

 

農水省のロゴ

海外食料需給インフォメーション
(Global Food Supply & Demand Information)
-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

 

 

 

開花期を迎えたなたね畑(ウクライナ)
Rapeseed in the flowering stage at Ukraine.

 

 

 

ウクライナのなたね

 

国際穀物理事会によれば、今年度のウクライナのなたねは、播種面積が大幅に増加しました。

また、平年に比べ冬枯れの影響が少なかったため、生産量は2.0百万トンと、前年度(1.2百万トン)を上回る見込みとなっています。

写真は、6月6日現在のウクライナ・キロヴォグラード州の開花期を迎えたなたねの様子です。

今春は天候が不安定で心配されましたが、5月末から6月初めにかけて良好な天候に恵まれ、生長の遅れを取り戻すことができました。

花蕾を食べてしまう害虫に効果がある農薬を散布しているところです。

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

 

 

Leave a Response