小麦畑で赤さび病が増加(米国ネブラスカ州) | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

小麦畑で赤さび病が増加(米国ネブラスカ州)

農水省のロゴ

 

 

 

 

 

海外食料需給インフォメーション
(Global Food Supply & Demand Information)
-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

 

 

 

小麦畑で赤さび病が増加(米国ネブラスカ州)
Stripe rust heating up at the wheat fields at Nebraska, the U.S.

 

 

 

 

小麦畑で赤さび病が増加(米国ネブラスカ州)

 

小麦畑で赤さび病が増加(米国ネブラスカ州)

 

小麦畑で赤さび病が増加(米国ネブラスカ州)

 

 

 

本日の写真は、 5月26日にネブラスカ州東部リンカーンで撮影した、赤さび病が発生している冬小麦の葉の様子です。

同州では、5月中・下旬の冷涼湿潤型の天候により(画像、グラフ参照)、赤さび病の発生が増えており、特に南東部では深刻な状態となっているそうです。

米国農務省によれば、6月1日時点の同州の単収見込みは、前月から10%下方修正され、前年度を15%下回る3.09t/haとなっています。

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

Leave a Response