国境沿いのとうもろこし畑(米国) | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

国境沿いのとうもろこし畑(米国)

農水省のロゴ海外食料需給インフォメーション

(Global Food Supply & Demand Information)

-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

 

国境沿いのとうもろこし畑(米国)
The Corn field along the border in U.S.

 

テキサス州のとうもろこし

 

米国主産地のとうもろこしの播種作業は、例年4月中旬から5月下旬にかけて行われますが、米国南部に位置するテキサス州では、1ヶ月以上も早い時期に作業が開始されています。

リオグランデ渓谷は、テキサス州最南端の、メキシコとの国境となっているリオグランデ川の北岸に位置します。

3月の平均最高気温は27.2度、平均最低気温は13.3度で、月間降水量は25ミリ以下でした。

このため、この地域では灌漑によるとうもろこしの栽培を行っています。

写真は、タッセリング期(とうもろこしの穂が出る時期)を迎えてから1週間後のとうもろこしです。3月28日現在の気温は32.2度。日差しがとても強いです。

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

Leave a Response