休眠明けの冬小麦への追肥も終了(ウクライナ) | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

休眠明けの冬小麦への追肥も終了(ウクライナ)

農水省のロゴ海外食料需給インフォメーション

(Global Food Supply & Demand Information)

-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

休眠明けの冬小麦への追肥も終了(ウクライナ)
Completion of additional fertilizing for Winter wheat broken dormancy -Ukraine-

 

 

 

休眠明けの冬小麦への追肥も終了(ウクライナ)

 

 

ウクライナの小麦は、例年、播種は8~9月頃、収穫は翌年7~8月に行われます。生産量は約2,680万トンで、世界第8位となっています(2016/17年度)。

同国では、2月下旬以降気温が上昇し、作物は徐々に休眠から明けて生長を再開しており、それに併せて追肥作業も進んでいます。

ウクライナ農業政策食料省によれば、3月24日時点の冬穀物全体の施肥進捗率は、前年同期(90%)を上回る92%となっています。

上の写真は、施肥を終えたポルタワ州の小麦畑の様子で、作柄は平年並みとのこと。下の写真は、ドニエプロペトロフスク州の肥料を運ぶトラクターです。

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

Leave a Response