ビズキクチコム
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ

サンタフェ州ウランガ農場(アルゼンチン)


農水省のロゴ海外食料需給インフォメーション

(Global Food Supply & Demand Information)

-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

 

 

 

 

サンタフェ州ウランガ農場(アルゼンチン)
Uranga farm in Santa Fe, Argentina.

 

 

 

サンタフェ州ウランガ農場(アルゼンチン)Uranga farm in Santa Fe, Argentina. 本日は、アルゼンチン・サンタフェ州のイグナシオ・ウランガ氏の農場をご紹介します。 1857年、ウランガ氏の曾祖父は、この地で牧場を始めました。最初は羊を飼い、次は牛を飼い、そして農業を始めたそうです。現在は、4,000ヘクタールの圃場で、小麦、大麦、大豆、とうもろこし、グリーンピース、ポップコーン用とうもろこしを栽培しています。 では、動画をお楽しみください。◎需給に関する情報は農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」へhttp://www.maff.go.jp/j/zyukyu/jki/index.html◎メールマガジン「食料需給インフォメーション」の登録はこちらからhttp://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/index.html  +++++Today’s article is about Mr. Ignacio F. Uranga’s farm in Santa Fe, Argentina. In 1857, Mr. Uranga’s great-grandfather had commenced operating a ranch in this place. Firstly he started to feed sheep, then cattle. Finally he has started farming. Currently Mr. Uranga crops wheat, barley, soybean, corn, green pea and corn for popcorn in 4,000 hectares of farm field.Please enjoy the following video. #アルゼンチンの農業 #Argentinaagriculture #サンタフェ州 #SantaFe

海外食料需給インフォメーション(Global Food Supply & Demand Information)-農林水産省政策課食料安全保障室ーさんの投稿 2017年4月6日

 

本日は、アルゼンチン・サンタフェ州のイグナシオ・ウランガ氏の農場をご紹介します。

1857年、ウランガ氏の曾祖父は、この地で牧場を始めました。

最初は羊を飼い、次は牛を飼い、そして農業を始めたそうです。

現在は、4,000ヘクタールの圃場で、小麦、大麦、大豆、とうもろこし、グリーンピース、ポップコーン用とうもろこしを栽培しています。

では、動画をお楽しみください。

◎需給に関する情報は農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

Leave a Response