香り米と伝統料理 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

香り米と伝統料理

農水省のロゴ海外食料需給インフォメーション

(Global Food Supply & Demand Information)

-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

香り米と伝統料理
Fragrant rice and traditional dish

 

 

 

 

 

香り米(かおりまい)は高級米として国際市場では高値で取引されていますが、有名なものに、インド・パキスタンのバスマティ米、タイのジャスミン米があげられます。

タイでは主に東北部で栽培されています。

タイを訪れた際に、この香り米を食べる機会があればと思いましたが、遂に口にすることが出来ませんでした。

ジャスミン米の殆どは輸出用で、国内でも裕福な家庭で消費されているとのこと。庶民的な食堂では一般的な白米が出されていました。
次に、水産物市場について紹介します。アユタヤ県の県中央農家市場は、水産物を売る何十件ものお店で構成された市場で、魚やエビ、ムール貝、イカ等を生きたまま、あるいは冷蔵したものを売り、その場で料理もしてくれるというものです。

味付けはナンプラー(魚醤)、ニンニク、唐辛子ベースのものが多いです。

タイ人の家族の他に、華僑と思われる家族連れが多く目立ちました。

彼らの食欲は旺盛で、大皿の料理を次々と平らげていました。

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

Leave a Response