収穫期を迎えたメコンデルタ地帯(ベトナム) | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

収穫期を迎えたメコンデルタ地帯(ベトナム)

農水省のロゴ海外食料需給インフォメーション

(Global Food Supply & Demand Information)

-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

 

 

収穫期を迎えたメコンデルタ地帯(ベトナム)
Rice harvest season in the Mekong Delta

 

ベトナムの米

 

 

ベトナムでは、約2,800万トンの米を生産しており、うち約4割は冬春作で、12月~翌年5月頃に栽培されています。同国の主産地、南部のメコンデルタ地帯の一部では、既に冬春作の収穫が始まっています。

本日の写真は、3月7日、収穫期を迎えたティエンザン省の香り米の田んぼです。生産者によれば、単収は昨年より低いけれど、品質は良好とのこと。

一方、ベトナムの国家水文気象センター(NCHMF)によれば、3月は、中部や南部で降水量が平年を上回ると予想されており、地域によっては、多雨による品質低下が懸念されています。

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

Leave a Response