ビズキクチコム
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ

収穫したなたねを集荷施設に(豪州)


海外食料需給インフォメーション

-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

収穫したなたねを集荷施設に(豪州)
Delivering canola to a recieval site in Australia.

 

 

豪州のなたね

 

 

例年、豪州のなたねは、4月中旬から6月中旬にかけて播種され、10月中旬から12月末にかけて収穫されます。

2016/17年度のなたねは、生育に適した降雨に恵まれ、順調に生長しました。

2016年12月末現在の収穫進捗率は、西オーストラリア州及びニューサウスウェールズ州で95%、南オーストラリア州で90%、ビクトリア州で85%と順調に進捗しています。

写真の生産農家は、2016年12月27日、集荷施設にトラック1台分のなたねを搬入しました。

この農家は、今年のなたねの収穫に満足しています。平年より単収が高く、油の含有量も高かったそうです。

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

Leave a Response