ビズキクチコム
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ

今後は小麦以外の作物が増える見込み(カザフスタン)


海外食料需給インフォメーション

-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

 

今後は小麦以外の作物が増える見込み(カザフスタン)
More and more oilseeds and grains but wheat are expected to be planted in Kazakhstan in the future.

 

 

カザフスタンの小麦

カザフスタン

 

 

 

2016/17年度のカザフスタンの小麦の収穫作業は10月末にほぼ終了しました。

東カザフスタン州のほ場では、本日の写真のように、収穫後にほ場に残っていた麦わらも12月半ばには雪に覆われて、一面の雪景色となっていました。

同国農業省によれば、2016/17年度の小麦生産量は1,780万トンと記録的な数値となりました。

しかしながら、中国向けの油糧種子等の需要増を受けて、2017年以降、小麦への支援が油糧種子や小麦以外の飼料用穀物へと振り向けられることから、播種面積は2016/17年度の1,240万ヘクタールから、2021年には1,010万ヘクタールまで縮小すると見込まれています。

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

Leave a Response