成熟期を迎えた南半球の小麦 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

成熟期を迎えた南半球の小麦

海外食料需給インフォメーション 

-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

 

成熟期を迎えた南半球の小麦
Wheat in the maturity stage in the southern hemisphere countries

 

 

 

南半球の小麦

 

 

 

2016/17年度の小麦は、北半球では終了しましたが、南半球ではまだ生育中で、早いところは2016年10月から収穫作業が始まりました。

写真上のアルゼンチン・ブエノスアイレス州、写真下の豪州・南オーストラリア州では、いずれも11月下旬に成熟期を迎えていました。

生産量は両国とも前年度を上回る見通しで、米国農務省によれば、アルゼンチンは27.4%増加し1,440万トン、豪州は34.7%増加し3,300万トンとなる見込みです。

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

Leave a Response