降雨不足でなたねの作柄が心配(中国) | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

降雨不足でなたねの作柄が心配(中国)

海外食料需給インフォメーション 

-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

 

降雨不足でなたねの作柄が心配(中国)
Worried about the crop of canola due to lack of rain in China.

 

 

 

中国のなたね

中国・湖北省

 

 

 

中国では、例年、なたねの播種は10~11月頃、収穫は翌年5~6月に行われます。

写真は、11月3日現在の湖北省のなたね畑の様子です。

当圃場では、10月10日に播種作業が行われました。

現在、発芽期に入っていますが、全てが発芽するまでにはあと数日かかるとのことです。

当地域では、10月初旬に降雨が少なく、例年より1週間遅く播種作業が行われました。

その後も降雨が少ない状況が続いたため、なたねの播種を諦め、冬小麦の播種に転換した農家もいるとのことです。

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

Leave a Response