ビズキクチコム
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ

勝負はこれから! in オーストラリア


eaa03db9cf8c6185eaeca13c28569780海外食料需給インフォメーション

 -農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

【勝負はこれから! in オーストラリア】
Game from now on! in Australia

 

オーストラリアのなたね

 

 

国際穀物理事会(IGC)によれば、オーストラリアのなたねは昨シーズン、面積、単収ともに残念な結果となりましたが、今シーズンは好調の見通しです。

今年度のなたねの生産量は3.2百万トンと、前年度を10%上回る見込みとなっています。主産地では6月に潤沢な降雨と土壌水分量に恵まれ、作物は順調に生長しています。

写真はニューサウスウェールズ州の7月1日現在のなたね畑ですが、農家は生育状況に満足しています。

しかし、まだまだ安心はできません。なたねの単収を決定するもっとも重要なステージ(開花期)が、9月から始まるのです。

◎7月のオーストラリアのなたね生育進捗等の情報は、「海外食料需給レポート(Monthly Report:7月)」

Leave a Response