どうなる日本の水産業界? | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

どうなる日本の水産業界?

 subaru

 

 

 

どうなる日本の水産業界?

 

 

 

勝川先生が日本の水産行政を厳しく叱責!

 

変化することのリスクは一切許容しないが、変化しないことのリスクは無視する。

そういう組織は周囲の状況の変化に対応できずに、遅かれ早かれ消滅するだろうね。

 

+++++++++

 

 

ツイッターの勝川 俊雄‏ @katukawaからRT

 

2016年の日本の漁業生産は4301千トン

 

 

世界銀行のFISH2030というレポートでは、世界全体が今後も漁業生産を増やす中で、日本だけが2010年から2030年までに-9%も漁業生産を減少という衝撃的な内容だった。

しかし、2016年の日本の漁業生産は4301千トンですでに16%も減少している。

2017年は、さらにサンマ、スルメイカ、サケなど多くの主要水産資源が激減したため、漁獲量は大幅に減るだろう。2010との比で20%減少ぐらい行くんじゃないかな。本当にヤバいことになっています。

 

 

 

 

Leave a Response