緑色から黄色へ | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

緑色から黄色へ

MAFF

 

 

 

 

 

農林水産省 maff 

 

 

緑色から黄色へ

 

 

 

グリーンレモン.

 

 

レモンといえば黄色いものが一般的ではないでしょうか。

国産のレモンは、広島県や愛媛県など、瀬戸内地方を中心に生産されたものが12月中旬から3月頃まで出回りますが、今の時期は、グリーンレモンと呼ばれる緑色をしたものが出回ります。

グリーンレモンとは、通常のレモンをまだ緑色の時に収穫した若いレモンのこと。

中身は黄色いレモンと同じですが、香りはとてもさわやかで、深い酸味があるのが特徴です。

香りを楽しむため、ある程度の大きさになり、果汁が出始めたら収穫します。

収穫してから1か月くらい放置しておくと黄色になりますし、そのまま木に実らせておいても黄色くなります。緑色から黄色になるにつれて、香りが減る代わりに果汁が増えていくので、黄色いレモンは、グリーンレモンと比べると、少しまろやかに感じます。

また、輸入レモンは緑色の状態で出荷しても輸送中に黄色くなるため、グリーンレモンはほぼ国産です。

グリーンレモンを使ったレシピも多く紹介されています。

皮ごと使って色どりきれいに、秋ならではの香りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

Leave a Response