民田なす(みんでんなす)が収穫の最盛期 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

民田なす(みんでんなす)が収穫の最盛期

すばる会員

 

 

 

『庄内地域』伝統野菜 

 

 

 

民田なす(みんでんなす)が収穫の最盛期

 

 

 

民田なす

 

皮が堅く、果肉のしまりが良い

手のひらに乗るくらいに成長したところで収穫、卵型で果皮が堅く、果肉のしまりが良い。

江戸時代、民田地域の八幡神社の社殿を作る際に京都の宮大工が種を持ち込んだと言われている。

浅漬け、からし漬け、味噌漬け、一夜漬けなど漬物として食べられる。

 

詳細はこちら

 

 

Leave a Response