ビズキクチコム
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ

鯨のように大きく力強く


農林水産省 maff からシェア

 

 

鯨のように大きく力強く

 

 

鯉のぼり.

 

 

本日は、5月5日のこどもの日。

先日は「ジャンボ鯉のぼり」を紹介しましたが、今日は変わったのぼりをご紹介。

宮崎県宮崎市佐土原町では、この時期、鯉のぼりならぬ「くじらのぼり」が空を泳ぎます。

これは、江戸時代、この地域を治めた佐土原藩の第4代藩主島津忠高が若くして亡くなった際、2歳で世継になった万吉丸(のちの藩主惟久)の母 松寿院が「我が子が大海を泳ぐ鯨のように大きく力強く育ってほしい」との願いを込め、その姿に似せた「くじら羊羹(写真下)」を作らせた故事にちなむもの。

このことにより、佐土原町では鯨が縁起物とされ、2004年から、地元の商工会青年部が、この時期に「くじらのぼり(写真上)」を掲げるようになりました。

普通の鯉のぼりに比べ胴回りが大きく、泳ぐ姿は本当に鯨のよう!

写真提供:宮崎市(写真上)、宮崎市観光協会(写真下)

Leave a Response