鯉のお菓子 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

鯉のお菓子

農水省のロゴ

 

 

 

 

 

農林水産省 maff からシェア

 

 

鯉のお菓子

 

 

-鯉のお菓子

 

 

4月30日に続き、鯉のお話。長崎では、端午の節句の祝菓子として、鯉をかたどった生菓子、「鯉菓子」が食べられます。

黒い「真鯉(まごい)」と赤い「緋鯉(ひごい)」が一対で、一箱に入って売られており、その大きさは、25~30cmもあるそうです。

ちなみに食べるときは、包丁で2cm幅くらいに輪切りにするとのこと。

寒梅粉(かんばいこ)を使った練り切りの中に、あんこを入れ棒状に伸ばした後、鯉の木型に入れて成形します。

それに色を付け、最後に溶かした寒天を塗ると、光沢のあるリアルな鯉菓子のできあがりです。

中に入れるあんこは、真鯉には黒あんを、緋鯉には白あんを使っている場合が多いそうです。

リアルすぎて、食べるのがためらわれそうですね。

 

 

Leave a Response