ビズキクチコム
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ

青の共演


農水省のロゴ農林水産省 maff からシェア

 

 

 

 

 

 

 

青の共演

 

 

 

 

本日は、4月から5月に見頃を迎えるネモフィラをご紹介。

ネモフィラは小さな可憐な花で、澄んだ青、白、黒に近い濃い紫色などがあり、満開になると株を覆い尽くすくらいの花をびっしりとつけます。

名前はギリシア語の「nemos(小さな森)」と「phileo(愛する)」を語源としており、原種が森の周辺の明るい日だまりに自生することに由来しているとのこと。

また、葉っぱは長く細い切れ込みが入り、唐草模様のように見えるため、和名を「瑠璃唐草(るりからくさ)」とも言うようです。

家の花壇などで楽しむのもよいですが、茨城県の国営ひたち海浜公園では3.5ヘクタールの敷地に約450万本のネモフィラが植えられており、見頃になると花、空、海の3つの青が溶け合い、言葉にならない絶景が広がります。

ひたち海浜公園のネモフィラは、4月27日~29日に見頃を迎えるとのことですので、ゴールデンウィークのお出かけ先の候補に加えてみてはいかがでしょうか。

映画のワンシーンのような景色に出会えるかもしれません。

写真提供:国営ひたち海浜公園

Leave a Response