ビズキクチコム
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ

茎だと思っていました!


農水省のロゴ農林水産省 maff からシェア

 

 

茎だと思っていました!

 

 

 

フキ

 

 

春に味わうシャキシャキ&ほのかな苦みとして、先日、「うど」をご紹介しましたが、今日は、「フキ」です。

フキは、全国に自生している日本原産の山菜で、3~5月頃に旬を迎えます。

スーパーなどで見かけるのは栽培されているもので、ほとんどが「愛知早生ふき」という品種です。

フキとして食べているのは、「茎」ではなく、葉と茎をつなぐ「葉柄」の部分です。

本来の茎は、地下に埋まっており、この地下茎の先端から春先に出てくる花のつぼみが「フキノトウ」です。通常、フキノトウが出た後に、葉と葉柄が出てきます。

フキノトウやフキは、春の味覚として楽しまれていますが、フキの葉も、佃煮や油炒めなど、色々な食べ方があります。

つぼみも葉柄も葉も美味しいなんて、素晴らしい食材ですね。

写真提供(下):JAあいち経済連

 

 

 

 

Leave a Response