桜の花を味わう | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

桜の花を味わう

農水省のロゴ農林水産省 maff からシェア

 

 

桜の花を味わう

 

 

 

桜の花

 

 

桜前線が日本列島を北上し、まもなく長野県や東北地方南部まで達する見込みです。

桜と言えばお花見ですが、今日は桜の違った楽しみ方として、桜湯(桜茶とも呼びます。)をご紹介します。

桜湯は、湯飲み茶碗に塩漬けにした八重桜の花を1~2房入れ、お湯を注いだものです。

お湯を入れると、ふわっと開く花びらの姿が美しく、「花開く」と縁起が良いことから、お祝いの席に利用されています。

お祝いの席では、見た目が大切。塩漬けした花を一房ごとに分けて入れると、花びらが綺麗に開きやすくなります。

簡単ですので、お祝いでなくても、是非、作ってみて、湯飲み茶碗の中で可憐に咲く桜を、味・香りと一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

Leave a Response