シャキシャキが決め手 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

シャキシャキが決め手

農林水産省 maff からシェア

 

 

シャキシャキが決め手

 

 

アスパラガス

 

 

春野菜がおいしい季節。本日は、今が旬のアスパラガスをご紹介。

アスパラガスは南ヨーロッパからロシア南部にかけての地域が原産地とされ、江戸時代に観賞用として日本に輸入されました。

食用としての導入は、明治時代の北海道開拓使によるものからとされています。

アスパラガスは多年草で、うまく育てれば10年以上も収穫できるとのこと。

栄養を貯める太い根があり、その栄養をもとに茎が伸びますが、普段、私たちが目にするのはその茎の部分です。

ただし、十分な栄養がないと茎が伸びず、収穫できるようになるには植えてから2~3年ほどかかるそうです。

茹でたり、焼いたりだけのシンプルな調理方法でも十分美味しく、シャキシャキした食感がたまりません。

写真下は、クックパッドの農林水産省公式キッチンのレシピ(春野菜のグリル 山椒ダレ:)を見て作ってみたもの。

他にも、アスパラガスを使ったレシピを掲載していますので、ぜひご覧下さい。

クックパッド~農林水産省公式キッチン~

Leave a Response