ビズキクチコム
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ

まんじゅう+赤飯=?


農水省のロゴ農林水産省 maff からシェア

 

 

まんじゅう+赤飯=?

 

 

 

赤飯と饅頭

 

 

なぜ、その食べ物を組み合わせてしまったのか、謎が謎を呼ぶ料理ってありますよね。

本日は、まんじゅうを赤飯で包んだ埼玉県の郷土料理「いがまんじゅう」をご紹介。

いがまんじゅうの始まりについては、赤飯とまんじゅうをいっぺんに作って手間を省くという農家のお嫁さんの知恵から生まれたという説、もち米が高価だったためボリューム感を出すために赤飯の中にまんじゅうを入れたという説などがありますが、明確にはなっていません。

また、名前は見た目が「栗のいが」のようであることから付けられたとのことです。

一見するとミスマッチな組み合わせのため、担当Mは店頭で見かけることがあっても、なかなか手が出なかったのですが、今回、意を決して食べてみると・・・甘じょっぱい味と赤飯・まんじゅうの皮・あんこ、それぞれの食感が組み合わさって手が止まらない美味しさ!

ボリュームも見た目どおりたっぷりで、1つ食べるとかなりの満足感です。

もし、家で赤飯かまんじゅうが余ってしまったら、足りない方を購入して試してみてはいかがでしょうか?

予想外の味に出会えますよ♪

Leave a Response