ビズキクチコム
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ

これからが成長期


農水省のロゴ農林水産省 maff からシェア

 

 

 

 

これからが成長期

 

 

 

コンブ

 

 

 

暦の上では啓蟄(けいちつ)を迎え、暖かい日が多くなってきましたが、北の海にはまだ流氷が浮かんでいます。

今日は、そんな寒い海に育つコンブについてご紹介します。

コンブは海に生息する藻類です。深さが5~7mくらいの海中で、光合成を行って成長し、胞子によって繁殖します。

中には長さが10m以上になるものもあるそうです。

春先から急速に成長し、夏に採取されますが、低温の海を好むため、産地は北海道と東北の一部(青森、岩手、宮城)に限定されます。

このコンブは今や和食に欠かせない食材です。

そして、単にダシをとるだけではなく、各地で様々に調理されて食べられています。

例えば、北陸ではおぼろやとろろとして削り、関西では佃煮、九州や沖縄では肉や野菜と炒めたり煮込んだりします。

またコンブは、お正月の飾りや結納品など、縁起物としても昔から重宝されています。

ちなみに、まもなく行われる大相撲の本場所前日には、「土俵際」といわれる地鎮祭が行われます。

このとき、土俵の中央にあけた穴に、塩やかち栗など、他の縁起物といっしょにコンブを埋め、神酒をかけて場所中の安全等を祈願するそうです。

和食に欠かせないだけではなく、日本文化にも深く根付いているコンブです。

 

 

 

Leave a Response