同じ名前ですが | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

同じ名前ですが

農水省のロゴ農林水産省 maff からシェア

 

 

同じ名前ですが

ひなあられ

 

 

今日は、先日ご紹介した菱餅に続き、ひな祭りに欠かせない「ひなあられ」をご紹介します。

ひなあられの由来は、「雛の国見せ」という雛人形に野山などを見せてあげようと外に連れ出す習慣にあります。

この時に外で食べるためのご馳走と一緒に持っていくお菓子がひなあられだったそうです。

また、菱餅を外で食べられるように砕いて作ったという説もあります。

さて、皆さんは、ひなあられと聞いて、甘い味と塩辛い味、どちらを思い浮かべますか?

全国の多くの地域では、うるち米を炒って膨らませ、砂糖でコーティングした、サクっとした食感の関東風が主流のようです。

それに対し、関西風は、もち米で作った直径1センチほどのあられに、醤油や海老、青のりなどで味付けをしたものです。

担当Yは、甘いひなあられしか知らなかったのですが、初めて関西風を食べてみました。

どちらも美味しいのですが、オススメは、2種類用意して甘いのと塩辛いのを交互に食べることです!

Leave a Response