2つの鯛めし |
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ

2つの鯛めし

農水省のロゴ農林水産省 maff からシェア

 

 

 

2つの鯛めし

 

 

 

鯛めし

 

 

 

旬を迎えた真鯛。

赤い体色に鮮やかな青い斑点が点在する美しい姿で、味もすぐれた魚の王様。刺身に塩焼き、あら煮など様々な調理方法で美味しくいただけますが、今日は、担当Iの地元である愛媛県の郷土料理「鯛めし」を紹介します。

鯛めしというと、写真上のように鯛を一尾丸ごと釜に入れ、醤油と酒、だしを加えて米とともに炊きあげたものを思い浮かべるのではないでしょうか。

今治市などの東予地方、松山市などの中予地方では主にこちらになります。さっぱりとした味つけに、鯛の旨味が調和した上品な味です。

愛媛県にはもう1つあります。宇和島市などの南予地方の鯛めしは、写真下のように新鮮な鯛の刺し身を醤油だしに生卵をといたタレに漬け、のりやねぎなどの薬味と一緒に温かいご飯にかけて食べるものです。

鯛のぷりぷりとした食感とタレがしみこんだご飯が絶妙です。

中予出身の担当I、大人になるまで南予の鯛めしを食べたことがなく、初めて食べたときの感激は忘れられません。

どちらも美味しくオススメですが、皆さんのお好みは?

写真提供:えひめ愛フード推進機構(上)、宇和島市観光協会(下)

Leave a Response