酸味と苦味が絶妙です | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

酸味と苦味が絶妙です

農水省のロゴ農林水産省 maff からシェア

 

 

 

 

 

 

 

酸味と苦味が絶妙です

 

 

 

 

先月の広報誌affで紹介した八朔(はっさく)が、いよいよ本格的な出回り時期を迎えました。

八朔は、江戸時代末期に広島県因島市のお寺で発見され、明治時代以降、みかんの主産県へ栽培が広まりました。

近年では、全国の生産量のおよそ6割を和歌山県が占めています。

八朔の「朔」は、訓読みで「ついたち」と読むことから、8月1日(旧暦)という意味になります。この時期から食べられるようになることから、この名がついたという説もありますが、実際の収穫時期は12月頃からで出荷ピークは2月~4月頃となっているため、真相はよくわかっていません。

一般的に、フルーツは甘さを求められますが、八朔といえば独特の酸味とほろ苦さが特徴。甘いものが苦手な方も、八朔なら大丈夫なのでは?

担当も小さい頃は食べられなかったのですが、いつしか好んで食べるようになっていました。

八朔は、皮が手でむきにくいだけでなく袋も厚くて「食べにくい」と避ける向きもあり、生産量は減少傾向ですが、広報誌aff(1月号)の13ページでは、ナイフを使った手軽な食べ方も紹介しています。

ぜひ一度、お店で八朔を手にとっていただき、絶妙な酸味と苦みのファンになってもらえればと思います。

農林水産省広報誌「aff(あふ)」1月号はこちら

 

Leave a Response