ビズキクチコム
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ

雪の中で育ちます


MAFF農林水産省 maff からシェア

 

 

雪の中で育ちます

 

 

雪菜

 

 

 

雪に覆われた畑は、一見すると作物が無いように見えますが、山形県には雪の中で生長する神秘的な野菜があります。本日は、雪の中で旬を迎える「雪菜」をご紹介。

歴史は江戸時代、米沢藩主である上杉鷹山公が、冬の生野菜確保のために栽培を進めたことから始まったと言われています。また、栽培方法が雪との関わりが深いことから「雪菜」という名前がつけられたとのことです。

11月から12月にかけて青々とした葉っぱを持つ雪菜を一度収穫し、稲わらと土で囲った後、雪が降るのを待ちます。厳寒、積雪の中でこそ、良い雪菜が育つと言われおり、雪が降り積もった後、雪の中で自らの葉を栄養源として育ち「とう(花を咲かせる茎)」が伸びたら収穫となります。

雪菜は、ほのかな甘みと苦味が特徴で、湯通しして漬ける「ふすべ漬け」が有名です。珍しい野菜ですが、今でしたら通信販売で購入できるお店もありますので、試してみてはいかがでしょうか。

写真提供:米沢上長井雪菜生産組合

Leave a Response