「マスコミ」と「ソーシアルメディア」の違いは何か? | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

「マスコミ」と「ソーシアルメディア」の違いは何か?

 

「マスコミ」と「ソーシアルメディア」の違いは何か?

 

 

稲穂

 

 

マスコミに書く原稿は不特定多数の人が対象です。そのためにどこをターゲットに絞るかがなかなか出来ないためにピンボケした記事になりやすい。

一方、ソーシアルメディアは不特定多数が相手ではありません。どこのだれさんが読んでくれているのかということが分かっているために、書く内容も的を絞りやすいのです。

お互いそれを知る手立ては、サイトのプロフィールを見れば分かることだから・・・。

一方通行の記事ではなく、双方向の交流だから、内容に深みが出せます。

たとえば私の事例ですが、相手がかりにフラワーデザイナーの方であるとするなら、「では、最新の花き流通の記事を書いてみよう!その人が読んでくれるかも知れないから!」ということでその人を想定した記事を書きます。

そして「ブログにこうした記事を書きましたので、お時間のあるときに読んでみてくれませんか?」とメッセします。すると、さらにソーシアルができるわけです。

だから朝の「ご挨拶」はダテにしているわけではありません。そーしたチャンスを作り出す手法です。

マスコミはこれからますます衰退していくでしょう。しかしソーシアルメディアはまだまだ隆盛していくと確信しております。

あなたもそうした努力をしてみませんか?

Leave a Response