ビズキクチコム
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ

ベニタデは名脇役


MAFF農林水産省 maff さんからシェア

 

 

【名脇役】

 

 

タデ

 

 

秋の夜長に聞きこえる虫の音には、心地よさを覚えますね。虫と言えば、「蓼(タデ)食う虫も好き好き」ということわざを聞いたことがあるかと思います。

これは、とても辛いタデの葉を好んで食べる虫に例え、人の好みはさまざまで、一概には言えないことを表すもの。

この辛いタデはヤナギタデを指します。

ちなみに、「万葉集」にタデを詠んだ歌があることから、奈良時代には栽培もされていたと考えられています。

また、ソバ粉の原料になるソバもタデ科の植物で、日本人にとって古くから馴染みのある植物と言えます。

刺身のツマに使われる紅色の芽生えは、ベニタデと呼ばれ、ヤナギタデの栽培品種です。

紅色の葉は料理を彩ることに加え、殺菌・抗菌作用としても効果を発揮します。

さらに昔、胃薬として用いられていたこともあり、生ものと大変相性が良く、まさしく“名脇役”と言えるのではないでしょうか。

Leave a Response