ビズキクチコム
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ

イワシは「ИBАCИ」(イワシ)

eaa03db9cf8c6185eaeca13c28569780海外食料需給インフォメーション

-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

 

 

 

 

 

【イワシは「ИBАCИ」(イワシ) 】
“Iwashi”( in Japanese) is “ИBАCИ”(in Russian)

 

 

いわし

 

 

ロシア極東では、このところ秋刀魚(サンマ)が不漁となる一方で鰯(イワシ)がとれるようになり、ウラジオストクでは、旧ソ連時代の調理・製造法でイワシの缶詰の復刻版の販売が8月下旬から開始されました。

1缶150ルーブル(約240円)で、重量580gのうち、魚本体は440g(写真①)。結構重いです。

缶詰の表に大きく書かれていた文字は「ИBАCИ」(イワシ)。なぜかと聞いたら、これは日本語の「イワシ」から来たとのこと。そういえば、日本語のイクラは、露語で魚の卵を意味する「Икра」(イクラ)から来たもの。

食の言葉もまた、両国を相互に行き来していることを実感しました。

開けてみると、つやつやの鰯が9尾も。ちゃんと頭や内臓、鱗が取り除かれています(写真②)。どうも生のようなので、大葉で挟んで米粉をつけて揚げてみました(写真③) 。

揚げたてをつまんでみたところ、何も味付けしていないのに塩辛い。どうも塩漬けの缶詰だったようです。後で聞いたら、缶の裏に調理せずそのまま食べられると、ロシア語で書いてあるとのこと。

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

Leave a Response