プニプニからゴツゴツまで |
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ

プニプニからゴツゴツまで

MAFF農林水産省 maff からシェア

 

 

【プニプニからゴツゴツまで】

 

 

 

多肉植物

 

 

「熊童子」、「毛蟹」、「桃美人」、「小人の祭り」、「マサイの矢尻」…。これらは何の名前か分かりますか?

今日は、思わず目を引く不思議な形の「多肉植物」のご紹介。

サボテンもこの一種ですが、種類が多いため、園芸店では「サボテン」とそれ以外の「多肉植物」と分けて呼ばれていることが多いようです。

暑すぎたり寒すぎたりすると弱ってしまう種類もあるため、秋は、初心者でも育てやすいシーズンなのだそうです。

多肉植物は、乾燥した土地でも生きていけるよう、葉・茎・根に水分を貯めることから独特の見た目をしています。

また、茎や葉を土に挿すだけで根や新芽が生えて簡単に増やせるので、この特性を利用して寄せ植えを作ったり、リース飾りを作ったりして楽しめるのも魅力の一つです。

世界には2万種あるとも言われるほど種類が多いので、園芸店やホームセンターなどで、お気に入りを探し出すのも楽しいですね。

ちなみに、女性にはプニプニした可愛らしいもの、男性にはゴツゴツした豪壮なものが人気だそうです。

Leave a Response