ビズキクチコム
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ

世界一栄養がない!?


青森合同青果株式会社からシェア

 

【GODOキッチン vol.2】

 

こんにちは。ねぶたもお盆も終わってしまいましたが、まだ暑いですね。まだまだ夏野菜が美味しいので、今日は胡瓜について紹介します。

 

 

【世界一栄養がない!?】

 

 

Good キッチン 2

 

 

胡瓜に関してこんな噂を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。しかしこれは、1987年に『世界一カロリーが低い果実』としてギネス認定され、90%以上が水分でできていることなどから、栄養がない、と勘違いされてしまっただけで、実際はビタミンC、A、K、葉酸、ビタミンB群、食物繊維、ミネラルをバランスよく含んでいます。

他の野菜と比べると含有量が少ないのは確かですが、食べることで体にいい効果をもたらすことは期待できます。

【ビタミンCを壊す!?】

また、女性の方なら胡瓜はビタミンCを破壊する、と聞き、避けてきた方も多いのではないでしょうか。最近の研究では、ビタミンCを破壊するのではなく形を変えるだけ、ということが分かり、ビタミンCの摂取量が減るわけではないことが証明されたそうです。

しかも、脂肪分解酵素であるホスホリパーゼも含まれていることが分かり、胡瓜の栄養は見直されています。今日はこのダイエットに効果があるとされるホスホリパーゼがたくさん摂れる、すりおろして食べるレシピを紹介します。

【胡瓜のタルタルソース】

胡瓜      2/3本
マヨネーズ  大匙3
生姜チューブ 2センチ
塩コショウ  お好みで
炒りごま   お好みで

おろし金で胡瓜をすりおろし、そこに全ての調味料を混ぜるだけ。少し水っぽくなりますが、フライにかけてもサラダのドレッシングとしても美味しくいただけます。

【すりおろし胡瓜納豆のせ冷奴】

胡瓜     1/3本
納豆     1パック
付属のたれ  1つ
キムチ    お好みで

すりおろした胡瓜と納豆を混ぜて、とうふにのせるだけ。今夜のおかずにもう一品、いかがですか?

ちえみでした!

Leave a Response