ビズキクチコム
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ

ネバネバ食品で元気に!


MAFF農林水産省 maff からシェア

【ネバネバ食品で元気に!】

 

 

 

オクラ

 

夏が旬のオクラ。原産地はアフリカで、エジプトでは紀元前2世紀から栽培されていたといわれています。

日本へは幕末頃に伝わり、食用として普及し始めたのは1960年頃からですが、当時は青臭さなどのせいで敬遠されていたようです。

そんなオクラはとても生命力の強い野菜。種をまいて60日ほどで花が咲き、開花後10日ほどで収穫できますが、盛夏の時期には4日ほどで収穫できるまでに成長するそうです。

開花してから1日に2センチずつも大きくなることもあり、収穫が1日ずれただけで食べにくくなるほどの驚きの生命力です。

また、もう1つの特徴は、何と言ってもあのネバネバ。ペクチンやムチンが豊富で、胃の粘膜を保護したり、消化を助けたりしてくれる効果があるといわれています。

連日の猛暑で疲れが溜まっている方も多いと思いますが、ネバネバパワーで元気を取り戻してみては?

写真提供:かごしまの食ウェブサイト(左)

Leave a Response