切り身?刺身? | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

切り身?刺身?

MAFF農林水産省 maff からシェア

【切り身?刺身?】

 

 

 

刺し身

 

お盆で集まった家族や親戚と一緒に「刺身」を食べるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「刺身」という名前は、様々な種類の魚の切り身を盛りつける際に、魚の種類を区別しやすくするため、その魚のヒレを刺したことに由来しています。また、このことを室町時代の書記官が8月15日の日記で紹介していたため、今日は「刺身の日」となりました。

刺身のことを「切り身」と言わないのは、武家社会では「切る」という文字は縁起が悪いとされたためとのこと。「お造り」と言う場合は、魚のお頭付きや舟盛りのように、ひと手間かけて作ったという意味が込められているのだとか。

ここで、刺身を綺麗に盛りつけるポイントをご紹介。ツマを土台に敷いて、奥を高く、手前を低くすると良いそうです。あとは彩りを考えて左右前後の色が重ならないようにしたり、大葉を敷いて色のコントラストを見せたりすれば、さらに雰囲気が良くなります。

綺麗な盛り合わせは、食べるのがもったいなくなります!食べますけどね。

Leave a Response