健康には短鎖脂肪酸の生産に必要な野菜と桑の葉を | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

健康には短鎖脂肪酸の生産に必要な野菜と桑の葉を

Npo法人 日本マルベリークラブからシェア

原三郎さんのプロフィール

rp_1457693_668717569818019_57767567_n.jpg

 

NPO法人 日本マルベリークラブ

代表理事 President · 2004年6月から現在

桑・カイコ・絹の新しい機能の解明とその利用方法の研究、それらの効果の普及活動

Studies, development and promotion of new functions and utilization of mulberry,silk-worm and cocoon.

健康には短鎖脂肪酸の生産に必要な野菜と桑の葉を

 

短鎖

 

脂肪酸と言えば、炭素数18個のオレイン酸やリノール酸を思い浮かべるでしょう。

しかし、脂肪酸には炭素数1個のギ酸から始まって、1個ずつ炭素を増やしながら、炭素数20個以上まで連続的に存在します。便宜的に、1~7個のものを短鎖脂肪酸、8~10個を中鎖脂肪酸、そして11個以上のものを長鎖脂肪酸と呼んでいます。

腸内細菌たちは、大腸に入ってくるオリゴ糖や水溶性食物繊維など消化しやすい糖類を餌にして、増殖しながら短鎖脂肪酸を作ります。

短鎖脂肪酸は大腸の中にある食物を弱酸性にし、大腸内を安定にするとともに乳酸菌をはじめとする善玉腸内細菌類が活発に働くことができる環境を整えてくれます。

オナラや便の臭いですが、すごく臭いことはありませんか。

オナラや便のことですから臭うのは当然ですが、大腸内が短鎖脂肪酸のおかげで弱酸性になっていれば、アンモニア系の臭い発生源が中和されて臭いが緩和されます。

たいして臭わないオナラや便、これは大腸が正常に機能していることを示しています。

短鎖脂肪酸は臭いけし作用だけではなく、実は、非常に重要な仕事をしてくれます。まとめてみますと、次のようになります。

① 悪玉腸内細菌などが作る有害物質の体内への侵入を防ぎます。
② ガンの発生を防ぎます。
③ エネルギー代謝を活発にし、脂肪細胞の肥大化を防いで肥満になりにくくします。、
④ 糖尿病を防ぎます。
⑤ 食欲を抑制します。
⑥ 免疫機能のバランスの崩れを防ぎます。

このように、大腸内で短鎖脂肪酸が大量に作られることによって、良好な体調が得られるわけです。

食物繊維の供給源である野菜の摂取がいかに大切か、お分かりいただけると思います。

桑の葉に含まれるDNJの作用によって血糖値が低く抑えられるだけでなく、未消化のデンプン(マルトース)や砂糖が大腸で短鎖脂肪酸に変換され、短鎖脂肪酸の生産に大きく寄与します。

短鎖脂肪酸の生産に不可欠な食物繊維と桑の葉、これらは健康維持にきわめて重要です。

 

 

 

Leave a Response