ビズキクチコム
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ

庄内の伝統野菜「藤沢かぶ」はこうして継承された


フェイスブックの「山形県の在来作物と食文化」からシェア

『 藤沢かぶ_藤沢地区鶴岡市 』

12038183_968159006576138_9068795907627577320_n 藤沢かぶ

庄内地方で焼畑で栽培されるかぶは温海かぶ、田川かぶ、宝谷かぶ、そしてこの「藤沢かぶ」の4種。

空に向け「く」の字型に曲がったツートンカラーの長かぶ。

土で覆われている部分はワインレッド、それより上部はホワイトになる。

食味は他の焼畑かぶと比べ辛みが少なく、生食としても美味しい。

藤沢かぶは一度途絶えそうだった種のリレーを、料理人、大学、漬物屋、そして価値を共有する人々が一丸となり守り続けてきた。

今年の藤沢かぶもしっかりとリレーされ、晩秋の収穫に向けスクスクと育っている。

●詳しくはこちら
食の都 庄内

ー 場所: 藤沢カブの畑@鶴岡市藤沢

-----------------

★伝統野菜とは、ここがポイント。

~「 藤沢かぶ」は一度途絶えそうだった種のリレーを、料理人、大学、漬物屋、そして価値を共有する人々が一丸となり守り続けてきた。

今年の藤沢かぶもしっかりとリレーされ、晩秋の収穫に向けスクスクと育っている。~

Leave a Response