【澤光青果便り】№228  本日のおすすめ品 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

【澤光青果便り】№228  本日のおすすめ品

 subaru

 

 

 

澤光青果は八百屋のいちばん星だ!

なにせ日本一の大田市場の筆頭買い出しで、
仲卸より規模は大きいいのですよ!

こうした迫力満点の「やる気」がお客さまを呼ぶのです。

 

 

/////////////////////////////////

 

【澤光青果便り】№228

 

 

おはようございます

さて本日のおすすめ品は・・・

 

 

 

 

 

本日のおすすめ品

 

 

 

澤光228

 

 

熊本県産    『肥さきがけ』

中国産     『トリュフ』

 

肥さきがけ

「肥のさきがけ」とは、10月に出回る極早生みかん(主な品種:豊福)のうち、熊本県下統一基準となる糖度11度以上・クエン酸1.0%以下をセンサー選別し、さらに着色基準をもクリアした特選品です。

国産露地みかんの中で早出荷の極早生みかん。

ちょっとグリ−ンだけど中身は光センサ−を通して厳選した特選みかんです。是非一度ご賞味下さい。

9月に入ってから全国的に雨が多い生産環境となりましたが、熊本産みかんは梅雨明け後の干ばつが功を奏して、平年よりも高糖度の仕上がりとなっています。

トリュフ

トリュフは別名セイヨウショウロとも言い、世界三大珍味のひとつで高級食材になっている香りがとても特徴的なキノコです。

大きく分けて「黒トリュフ」「白トリュフ」の2種類があり、黒トリュフはフランスのペリゴール地方、プロヴァンス地方、ウンブリア地方のものが有名で、白トリュフはイタリアのピエモンテ地方のものが有名です。

特に白トリュフは限られた地域でしか取れない上に産出量がとても少ないので、黒トリュフの何倍も高価で取引されています。

中国にもイボセイヨウショウロという同種のキノコが生育していますが、そちらはヨーロッパのものと比べるとそれほど価値が認められておらず、価格は少し抑えられたものになっているようです。

トリュフの形はジャガイモのように不規則にデコボコしていて直径は3~15cmほど。表面に大理石のような模様があり、小さな突起が無数に見られます。表面の色は黒トリュフと呼ばれるものは黒っぽく、白トリュフと呼ばれるものは黄白色をしています。

肉は白色~褐紫色で、トリュフの代名詞とも言われている香りに関しては、最高の状態を保てるのは3~4日間と言われています。

実は日本でもトリュフの仲間にあたるキノコが15種ほど見つかっていますが、食用に適するかは不明です。

また、イモタケと呼ばれる白トリュフ型のキノコが世界的に広く分布している為、しばしば白トリュフと間違えられる事があるようです。

生産者の皆様本日も素晴らしい逸品ありがとうございます。

本日も宜しくお願い申し上げます。

最後までご覧頂き誠にありがとうございます。

 

 

       澤光青果 宮下

Leave a Response