ビズキクチコム
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ

紀州の伝統野菜の販路拡大とブランド化を推進


【和歌山県 紀州伝統野菜・湯浅なす】

 

 

紀州の伝統野菜の販路拡大とブランド化を推進

 

 

紀州の伝統野菜「湯浅なす」

 

 

 

和歌山県・湯浅町で江戸時代から栽培されてきた伝統野菜『湯浅なす』について、県農業試験場は高品質果実の多収栽培技術を開発し、販路拡大やブランド化を推進しているといいます。

実が丸くて水分が少なく、形が崩れずに残りやすいなどから金山寺味噌の具材として用いられており、現在は8人が生産。

Leave a Response