ビズキクチコム
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ

りんごはもっと料理用品種に力を入れよう!


 

キャプチャ JAすこうのりんごの品種

 

長野県といったらりんご。

その中でも有数の産地がJA須高です。
http://www.ja-sukou.iijan.or.jp/products/fruit/01.php

須高地域は西側を流れる日本一の大河千曲川(信濃川)に向かってなだらかに傾斜した広大な斜面で形成されています。

この水はけのよい地形はりんごの生育にとても適しており、全国でも屈指のおいしいりんごの産地である大きな理由となって
います。

加えて北部信州は昼と夜の寒暖の差が大きく、これも糖度の高いおいしい果物ができる条件なのです。

JA須高では様々な品種のりんごが栽培されています。一番人気「サンふじ」に加えて、それより一足早く(1カ月ほど前)旬となる長野県オリジナル品種「秋映(あきばえ)」「シナノゴールド」「シナノスイート」のりんご3兄弟もただ今人気急上昇。

JA須高では一番おいしい時に収穫(適熟収穫)して皆様に食べていただくために、収穫から出荷までの時間を極力短くする努力を続けています。須高のりんごのおいしさは、考え抜かれた供給体制にも支えられているのです。
—————–

 

キャプチャ 紅玉

さて年配の方はご存知の1826年、ニューヨーク生まれの紅玉という品種に注目。

糖度:13~14%  酸度:0.6%前後

果実も甘さ追求のなかにあって、この紅玉は料理用にはピッタリで本場のアメリカでもロングセラーです。

この酸度が重宝されて復活してきました。むろん、加温すると甘さがでてきます。糖酸のバランスがよくなります。

消費拡大のためには生食だけでなく、もっと野菜のように料理に使うことを考えないといけませんね、

 

 

Leave a Response