ビズキクチコム
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ

いかに実践躬行していくか?


 

「すばる会員」入会案内 

 

 

 
 さんからシェア
 
正範語録で検索すると、こちらのノートがヒットしてきます。作者が誰かという内容です。
 
「正範語録」って誰の言葉?ネットで話題の作者を探せ!by 岩本 祐二 (ノート) on 2012年6月19日 0:15
 
作者は誰でもいいのですが、語録に書かれている内容は、「当たり前のこと」単純だからこそ、共感、共鳴します。また、自分自身の中に、少なからず心当たりがあるので、叱咤激励の言葉にも聞こえる。昔から、言われているような内容です。口語体で書かれているからでしょう。
最初は「差」の話、
次に「一生懸命」に
最後は「本気」になれと。
それぞれ削ぎ落としてみると。
 

 

努力、責任感、苦労、情報

一生懸命

本気

になります。

それぞれ、格言名言が先人によって多く残されています。

そのためにはどうするか?どう進めればいいのか?

そこを考えることが大切と考える言葉です。

そして実行ですね。



 

フェイスブックなどのソーシャルメディア活用も同様です。

実力をつけるためには?どんな努力?

実績を残す、評価されるためには?どこまでの責任感?

人格は?どんな苦労?

判断力を養うと言われますが? どんな情報?

一生懸命になる起爆剤は?

本気の度合いは?

まずそこから実践躬行です。

ソーシャルメディアを活かして交流、ビジネスなどに反映させるのは、同様のことです。

テクニックに翻弄されていませんか?

テクニックばかりにとらわれがちなソーシャルメディア。

ソーシャルメディアでも、集客の極意 FBでも同じ

なんでも、ワクワクドキドキする気持ちを持っています。そのワクワクドキドキするところに人は集まってきます。



人が集まる努力と工夫をしたか?ですね。

お題目の「一期一会」じゃないでしょ。


Leave a Response