日本農業再生 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

鯛の薬膳としての効能は・・・

「すばる会員」入会案内

 

 

薬膳料理研究家・餅田 雅子さんからシェア

 

1385528_575219389193745_284840598_n.jpg 鯛と薬膳


今日は41年目の結婚記念日^^。夫婦で様々な歴史を作って来ました。

先日受けたNHKラジオの電話インタビューの最後に「私の目標の一つは、これまでネット起業をしたいと、この年齢で夢のようなことを言っていたときから「やってみたいことは思い残すことなくやってみたらいい!」と、いつの時も静かに見守って信じてくれた夫を、幸せにすることです。」というようなことを正直に言ってしまったら、司会の毒蝮三太夫さんがすごく感動してくださって「○○さん^^ありがと~!って今言ってあげてよ~!!^^」と仰るので別室に逃げてる^^夫に心を込めて言ったら何だか胸がジーンとした~(^0_0^)/


写真は「鯛のネギと生姜の酒蒸しと、手作り厚揚げの大葉含め煮♪」です。


鯛の薬膳としての効能は、鯛は胃腸の働きを促進して腎に活力を与え、乳の出を良くすると言われて産後に好まれる魚です。

鯛には筋肉や臓器などを作るタンパク質がタップリ!また、血圧を正常に保つタウリンが豊富に含まれていますので高血圧や動脈硬化、糖尿病、肝臓病などの生活習慣病の予防には最適な消化のよい魚です。

鯛は白身魚ですが、青魚に多く含まれている、頭を良くする効果があるといわれるDHAや、血流をよくして脳血栓や高血圧、動脈硬化を予防するEPAもたくさん含まれていますね~。


*フェイスブックの「大和薬膳料理教室」のグループページでは、どなたでもご自由にご参加頂けます。

只今しばらくの間「公開」にさせていただいてますのでお役立ち記事をお読みいただけます。


【薬膳一口メモ】では旬の食材の効能などをUPしています。

グループにご参加のみなさんのレシピも魅力的!!どうぞお気軽にご参加くださいね^^ http://www.facebook.com/groups/yamatoyakuzen/


Leave a Response