日本農業再生 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

拠点市場の攻略をいかにするか?

 

「すばる会員」入会案内 

 

大田市場

 

たとえば静岡・三ケ日の銘柄みかんですが、三ケ日農協は伝統的に農協の強みを発揮して主力市場で有利な販売を展開しています。

銘柄産地だけに独自に販売網を確立しています。農協職員の意識も高いです。

一方、そのなかには系統外のアウトサイダー的みかんの移出業者もいます。ここは農協と張り合わないように販売を展開しています。業者は組織力や販売力では主力農協にはとても敵いません。

この業者も販売では大田市場に食い込めませんでしたので、農協が指定席はしっかりと確保しています。そこで私が小さいけど内容のいい卸を説得して販売を結び付けてあげました。業者というのは大きなことを言ったってこの程度のことです。主力となる販売拠点を押さえていないのです。

日本一の大田市場を攻略するためのノウハウを知りません。無理もありません。そうしたトレーニングをしていないのですから。

栽培、集荷はできても販売となるとみなさん苦労をされています。

だから、どうしても販売においては水先案内が必用です。

あなたも「すばる会員」でそうした販売のスキルを磨きませんか?

 

「すばる会員」お申し込みはこちらへ

Leave a Response